ISC67 (2020~)

ISC66 (2019-2020)

~ Coming Soon ~

Recent SNS Posts

Category

Search

ISC66 Review: Koma


小松正実/Masami Komatsu

渉外/External-Affairs



1. 仕事内容はどのようなものでしたか。What was your role in ISC66?


私たちは毎年学生自ら資金を集めて会議を運営しています。 渉外の目標は、様々な方からご支援を集めることです。渉外は主に3つの仕事があります。一つ目は企業訪問です。私たちは、企業や団体へメールでのアポ取りから訪問まで行い、資金協力や広報協力をお願いしています。実際に交渉していく中でISCの会議の詳細を説明し、魅力を伝えます。二つ目はクラウドファンディングの実施です。クラウドファンディングは約1カ月の間、目標金額の達成に向けてISCの魅力や取組を社会に発信し、ISCの運営に必要な資金を集めます。3つ目にISCOBOGとの交流の機会を設けることです。OBOGは日頃から現役のコミをサポートしていただいています。本年度は、1月に現役コミと各年代のOBOGの方とのパーティーを企画しました。



2. この仕事のやりがいは何だと思いますか。What are the perks of being in your role?


渉外が集める運営資金や広報支援により、会議に集まる参加者集めや学術、文化交流の企画の選択肢を増やし、より良いコンテンツを提供できることができます。また、渉外は、OBOGの方々や応援してくださる方々との関係を深めることができる屋台骨のような役割です。この仕事を通じて、ビジネススキルや交渉のマナーなどを学ぶことができました。また、異なる役職のみんなの仕事をサポートしているという満足感を得られました。自分の中でもっとも大きかったのは、この仕事を通じてしか、繋がることができない企業や団体、ISCのOBOGとの交流です。これらの方々とのつながりは、ISCのサポーターの方を確保するという意味に加えて、OBOGの方々のように、支えてくれる友人にも出会えました。ご飯を食べたり、アドバイスをくれたり、人生の視野を広げてくれる方々に出会えたのも渉外の魅力です。


3. 1年間振り返って、一番思い出に残ったこと、楽しかったことについて教えてください。What was your most memorable / happiest experience of the last year?


渉外で、一番思い出に残っているのは、ISCを応援してくださる方々から直接温かいメッセージをいただけることです。渉外は、ISCの魅力を企業や団体の方に伝えて、知っていただく仕事です。「ISCって素晴らしい団体なんですね!」「ISC応援してます」などのメッセージを直接いただくことができました。その応援してくださる方々の存在は、活動の励みになります。学生だからこそ、興味を持って、応援してくれる大人の方々がたくさんいるんだということを、企業訪問やイベントを通じて、実感できました。企業訪問当日は、独特の緊張感を味わいます。渉外チームだけではなく、企画など他の役職のメンバーとお互いに助けあいながら、交渉に臨みました。クラファンでは、応援メッセージという所にISCを初めて知ってくださった一般の方々からも、多くのメッセージをもらいました。本当に多くの方に支えられていると感じることができました。学生会議ですが、その運営の裏には、多くの方のサポートがあることを知れたことは、印象深い思い出でした。

いつも応援していただいてるOBの方々。写真は1月のOB会の様子。



4. 逆に一番辛いと感じたことはなんですか。On the other hand, what was the most challenging part?


 クラウドファンディング です。クラファンを企画した4月は、コロナウイルスが感染拡大で、本会議開催の可否に頭を悩ませていたことでした。(その後、本会議の中止を決定)残り1週間を切っても、目標金額の20%しか達成していませんでした。「このコロナの状況なのに、対面で開催するのか?」「お金の大切さを理解しているのか?」など厳しいご意見もいただきました。その期間は、運営メンバー、OBOGの方々からのサポートをえて、なんとか自分を保っていました。最終的には、目標達成に向けて、最大限努力するという渉外の意思を汲み取ってくれて、1週間で、20万弱のご支援をいただくことができ、後悔なく、終われました。



5. ISC67実行員会へのメッセージをお願いします。Please leave a message for the committee members of ISC67.


大変なことも多いけど、やりがいが多い仕事です。例年に比べて、コロナウイルスの流行などで、未来が不確実な時代です。ISC67の運営のみなさんも不安なことが多いと思います。どの役職についても、大変な期間があります。それで、身体も心も大きなストレスがかかることもあります。そんな時は、運営メンバーやOBOG、ISCを応援してくれる方々になんでも相談してみてください。多くの人が、運営メンバーの大変さを実際に見たり、聞いたり、体験しているので、サポートしてくれるはずです。いろんな人に支えられながら、成長できる場所が、ISCの運営の魅力です。助け合って、一つでもやり切ったという経験をできますように、応援してます!






3 views