Humans of ISC65- Willy Antony

インドネシア出身のWilly Antonyさんを今日のHumans of ISC65で紹介します!Willyさんは今テーブル3に属して「表現の自由とその制約」について議論に参加しています。


"確かに学生たちの会議は直接政策に影響を与えるほどの大きな力を持っていませんが、それはいくつかを持っています、そして会議によって作成された提案がはるかに高いレベルのガバナンスで受け入れられるチャンスは常にあります。より現実的には、このような会議、特に問題の解決策を見つけようとしている同志の個人間の会議は、アイデアを交換するための理想的な環境です。"


Q1. ISCに参加しようと思った理由・意気込みを教えてください。

問題解決というのとても大きなものです。確かに学生たちの会議は直接政策に影響を与えるほどの大きな力を持っていませんが、それはいくつかを持っています、そして会議によって作成された提案がはるかに高いレベルのガバナンスで受け入れられるチャンスは常にあります。より現実的には、このような会議、特に問題の解決策を見つけようとしている同志の個人間の会議は、アイデアを交換するための理想的な環境です。異なる視点から問題を比較することは、ほとんどの場合、特定の問題に対する異なる見方やアプローチの角度を生み出すため、私はそのようなやり方でアイデアを交換することが重要です。この世界には問題が不足しているわけではないことを考えると(意訳:たくさんの問題が存在していることを考えてみれば)、私はそれを非常にプラスとして考えます。

自己改善の可能性の魅力にも言及する必要があります。私の意見では、会議などは自己改善の場として過小評価されています。個人的には、相互作用、市場、あるいはアイデアの衝突さえもが、最高のアイデアを見つけるだけでなく、アイデアを作る能力を磨くための最善の方法であると私は思います。

開かれたフォーラムで発想されたアイデアは、賛成されるだけでなく、批判されたり、反対されたりする可能性もあります。特に軽率な考え方を持っている人だったらノックダウンされてしまう可能性も高いです。 これは、当然のことながら、彼らのアイデアである最終製品を通して、彼らがどのように機能するかについての外部の見方を提供します。言い換えると、この視点は、考え方(mind)がどのように機能するのか、そしてどこで改善が行われるのかを理解するために必要です。

これに密接に関連しているのは、そのような視点が繁殖し得る競争力です。どちらかといえば、天罰がやってくること、そしてそこに着くことに取り組むことはスリルをもたらします。他の人との比較として子育てや指導のテクニックを使用することはもうふさわしくないと思いますが、その思考が私たちに見えるゴールだけではなく強化のメカニズムも提供できるから個人的な使用だった良いと思います。

Q2. あなたのテーブルトピックについてどのような意見を持っていますか?

今後の言論の自由の問題は非常に重要になるでしょう。一般的に言って、特に言論の自由と民主主義一般は世界中で後退していると見られてきた。例えば、Freedom Houseは、2019年を13年連続で民主的規範がどこかで侵食されているとマークしました。彼らの報告は、反NGO対策、検閲、報道の鎮圧、大量監視がすべて、世界中のより弱い民主的機関に貢献しているといったような、暗い現状を描き出している。アラブの春の間のように、いくらかの利益がありますが、それらはまだまだ完全に開始されていません。

特に、通信および情報技術の進歩、およびそれに対応するグローバリゼーションの拡大は、この特定の分野では役立っていないようでした。このような新しい技術が自由貿易を促進するという見方もありますが、このトピックにとって重要なのは、言論の自由ですが、現実は混在しているようです。特に、ソーシャルメディア、大手企業の多くが自社の製品と哲学の両方の中心となる分野で言論の自由を生み出している業界を調べてみると、結果はさまざまであるように思われます。ソーシャルメディアが国に道具化されることにより、社会に政府を倒したような力のある公的な不安と異議を与えています。その一方、他の国では政府による剣閣やアクセスの制限などにより、ソーシャルメディアが表現の自由を壊しています。または、表現の自由への損害を広げ回る方法として扱われている。

これら2つの問題は、特に自由主義的な世界秩序の弱体化とともに、現在および今後数年間を言論の自由にとって重要なものとして形成しています。たとえば、最近の開発を踏まえて、新しい民主主義はそのままになるでしょうか。言論の自由はどのような形をとるでしょうか。適切な形式はありますか。私の意見では、これらのいくつかの質問を先に進めることは今日の私達が知っているように言論の自由を再定義するでしょう。

Q3.テーブルでの様子を教えて下さい。

私が期待していたものよりも、確かにもう少しゆったりとしています。最後の数回の出会いは思ったより堅苦しい雰囲気ではありませんでした。後から考えると少し堅苦しくなりすぎたかもしれないと感じました。私としては、しかしながらそれは良いことです。

Q4. ISC65に向かってどんな想いを持っていますか?

期待に満ちています!これは私にとって最初の国際会議なので、この「未知に足を踏み入れる」(「新しい水へと足を踏み入れる」)ような感覚があり、たとえ新しいことを試みることにわずかな緊張があったとしても、私は本気で頑張ろうと思います。

Q5. 出身はどこですか?あなたの故郷の魅力を教えて下さい。

ジャカルタは、一般的に言って、混合バッグです。首都であることには利点があります。インドネシアの歴史的かつ現在の中心地であるジャカルタには、見るべき場所、試すべき経験、そしてさらに重要なこととして、食べるべき食べ物がたくさんあります。特にジャカルタは無数のインドネシア文化のるつぼであるので、食べ物はジャカルタの主な魅力のひとつです。単に変化に終わりはなく、 Bandung のレストランのように斬新ではないが, 味は絶対に失うことはありません。

ジャカルタの歴史的中心部は、植民地時代の建築様式を見ている人にとっても、心にとっても重要な要素です。多くの場合、博物館が1つまたは2つあります。最近では観光客に優しくなるように改装されているので、旧市街を訪れることは過去に比べてはるかに楽しい経験になるでしょう。

その一方で、ジャカルタでは交通は依然として大きな頭痛の種です。ジャカルタのように象徴的な交通渋滞は確かにまだ問題であり、実際には、おそらく人口の増加、ひいては一般的な自動車利用と同様に悪化している(あるいは少なくともそのように見られる)市内の様々なプロジェクトの開始と再開は、この交通問題の大部分を軽減すると思われていましたが、その建設は交通にかなりの負担をかけています。私の郊外は、新しいLRTプロジェクトの終着点であることと新しい高架道路であることに大きな不幸を抱いていたので、そこへの出入りは一定時間後(ありがたいことに夜間ではありますが)厳しく制限されています。

ジャカルタ人も、気質と交通の両面でかなり気まぐれです。狭い場所を移動するには、特にオートバイの場合は少々大胆な作業が必要であるため、ジャカルタの交通量は極端なスポーツ施設と見なすことができます。そしてオートバイは至る所にあります:インドネシアでのバイクの文化は、アメリカの子供が最初の車を受け取るのと同じような文化的なものと言うことができます。 Youtubeを一目でわかるように、自動車の運転手もそれに影響されない。ジャカルタの道路はまるでマッドマックスの世紀末的な荒れ地ではないかもしれませんが、時々そのように感じます。

政治的中心であるということは、あなたが特に(不運にも)ラッキーであれば、そのMk1 Eyeballsのすべての栄光の中で怒っている大衆と出会うことができるということも意味します。ジャカルタでは隔日で何らかのデモが行われていましたが、1998年の激動(これまでのところ、今日まで都市の生活に影響を及ぼしています)はジャカルタを中心としていました。 BandungはParis Van Javaかもしれませんが、インドネシアでのフランス革命の頃にパリでの生活を経験したい場合は、ジャカルタはあなたにとってぴったりでしょう。

全体として、私が言ったように、ジャカルタに住んでいるのはおいしい食べ物、良い歴史、悪い交通、そして時折起こる公衆の混乱の混在した袋です。しかし、その場所は、その独自性のすべてにおいてかけがえのないものです。

Other Post
​日本語
English

ABOUT

 Overview

 History

 Past ISC

 I.S.A

ISC66

 Program

 Conference

 Study Tour

 Topics

​ Committee

NEWS

    Covid-19

    isc67 president

   

SUPPORT

 企業の方へ

 Crowdfunding

Contact

 INQUIRiES

 FAQ

APPLY

 table chiefs

  JAPAN ResiDENTS

 international residents

 FINAL FORUM

​Other SNS

​E-mail

​International Student Conference

All Rights Reserved