Humans of ISC65- 浦邉樹

福岡出身の浦邉樹さんを次に紹介します。浦邉さんが今テーブル6に属して「海洋プラスチック問題」というトピックについて議論に参加しています。


「環境問題は世界中で議論されている課題で、様々な人たちが実際に行動に移したり活動をしていますが、実際に解決には至っておらずまだまだ議論の余地はあると考えています。世界規模の課題であり、1つの国の努力では解決できないことを考えると、学生の内から各国の現状について学び、様々な人達と議論しておけば将来の課題解決への一歩につながると思います。」


Q1. 自己紹介とISCに参加しようと思った理由・意気込みを教えてください。

こんにちは浦邉樹です。タッキーって呼んでください。出身は福岡県で、今は岡山大学グローバル・ディスカバリー・プログラム2回生です。ISCに参加したいと思った理由は、私の在籍する学部の約半数が留学生であり、公用語が英語という環境で過ごす中で、自分の英語力を磨くだけでなく新たな知識・見解を得て、自分から意見が発信できるようになりたいと思ったからです。日々留学生たちと生活する中で、「もっと様々なことを知りたい!」とか「自分ももっとできるようになりたい!」と思うことが多くなり、部活の先輩たちが参加していたISCに興味がわきました。このISCを通して自分の視野を広げると同時に、いろんな人達と話をしてみたいです。この貴重な機会を全力で楽しみます!


Q2. あなたのテーブルトピックについてどのような意見を持っていますか?

環境問題は世界中で議論されている課題で、様々な人たちが実際に行動に移したり活動をしていますが、実際に解決には至っておらずまだまだ議論の余地はあると考えています。世界規模の課題であり、1つの国の努力では解決できないことを考えると、学生の内から各国の現状について学び、様々な人達と議論しておけば将来の課題解決への一歩につながると思います。解決に向けて海に囲まれている日本からすると、こうした海に関する問題は大きな影響をもたらすため、自分たちの生活を守るために国内でもっと関心をもって考えていくべきだと思います。僕の祖父が漁師だったこともあり、小さいころから海で泳いだり、漁について行ってみたりしていたので海がとても好きです。そのためISCに応募する際は真っ先にこのテーマが気になりましたし、様々な人の意見も聞いてみたいと思いました。


Q3. 出身はどこですか?あなたの故郷の魅力を教えて下さい。

出身は福岡県です。生まれてから高校生まで福岡に住んでいたので生粋の九州人です。最近では“神宿る島”と呼ばれる沖ノ島が世界遺産に登録されたり、アジア各国と福岡を繋ぐLCCが増えたことでアジアからの旅行客が多く訪れています。飛行機や地下鉄、バスなど交通網も充実していて、非常に住みやすい街だと思います。最近の話題としては“博多通りもん”という和菓子が世界で最も売れているあんこ饅頭としてギネスに登録されたり、地元球団の福岡ソフトバンクホークスが日本一になるなど、話題にも事欠きません。コンパクトで便利な街であることが評価され日本で住みたい街ランキングでも常に上位に位置しています。ぜひ一度福岡を訪れてみてください。

Other Post
​日本語
English

ABOUT

 Overview

 History

 Past ISC

 I.S.A

ISC66

 Program

 Conference

 Study Tour

 Topics

​ Committee

NEWS

    Covid-19

    isc67 president

   

SUPPORT

 企業の方へ

 Crowdfunding

Contact

 INQUIRiES

 FAQ

APPLY

 table chiefs

  JAPAN ResiDENTS

 international residents

 FINAL FORUM

​Other SNS

​E-mail

​International Student Conference

All Rights Reserved