Humans of ISC65- 中村憲孝

「テーブル1:難民問題への日本の貢献」に属している中村憲孝さんに今日難民問題への彼の思いや自分の出身地の面白いポイントを紹介してもらいます。


「僕はこれまで難民問題とは無縁の生活を送ってきました。しかし、大学で英語を勉強し始めたことをきっかけに世界中の問題について関心を持つようになり、難民問題の深刻さを知りました。そして日本という経済的に裕福な先進国が難民をほとんど受け入れていないという事実に衝撃を受けました。日本は経済的な援助をしていますが、本当にそれだけでいいのだろうかと思います。」



Q1. 自己紹介とISCに参加しようと思った理由・意気込みを教えてください。

皆さんこんにちは。麗澤大学三年の中村憲孝と申します。のりって呼んでください。大学で英米文学を専攻していますが、英米文学にあまり興味はありません。学内では、模擬国連とJAPANESIAというミクロネシア連邦で環境教育活動を行っている学生団体に所属しています。

今回ISCに参加しようと思った理由が、世界中の学生と交流して様々な価値観に触れたいというのと、世界問題について英語で議論し見識を深める中で、英語力の向上はもちろん、自分の意見を持ち発信できるようになりたいと思ったのが理由です。私は海外に長期滞在をしたことがなく、今まで日本にしか住んだことがないので、文化も言語も日本人一色だと自負しています。だからこそ、バックグラウンドの違う人たちとの出会いにとてもわくわくしています。英語はあまり上手く話せませんが、気持ちで伝えるのが僕のモットーです。今回の会議を通じて、英語や人間的な自分の弱点を見つめなして、さらなる自己成長へとつなげていきたいと思います。

Q2. あなたのテーブルトピックについてどのような意見を持っていますか?

僕はこれまで難民問題とは無縁の生活を送ってきました。しかし、大学で英語を勉強し始めたことをきっかけに世界中の問題について関心を持つようになり、難民問題の深刻さを知りました。そして日本という経済的に裕福な先進国が難民をほとんど受け入れていないという事実に衝撃を受けました。日本は経済的な援助をしていますが、本当にそれだけでいいのだろうかと思います。グローバル化が進む現代で移民労働者の受け入れ拡大も含め、日本という単一民族国家でさえも外国人の方の流入が進んでいると思います。だからこそ、私たち日本も経済的な支援だけに留まるのではなく、受け入れという形で問題解決に貢献するべきだと思います。難民を受け入れることにはたくさんの障壁がありますが、プラスな側面もあると思います。また、海外からの参加者が、日本と難民問題をどのように考えているのか、意見を交換することが楽しみです。


Q3. 出身はどこですか?あなたの故郷の魅力を教えて下さい。


私の故郷はさいたまの浦和です。生まれてから8歳までは熊本に住んでいましたが、人生の半分以上を浦和で過ごしているので故郷は浦和と言っています。浦和は日本の首都の東京の北に面している埼玉県の県庁所在地がある街で、商業施設や交通網が発達している傍ら、昔らしい町並みも残っています。私は今でもよく浦和で買い物をしたり、床屋に行ったり友達とお酒を飲みに行ったりします。東京へのアクセスもとても便利で、電車で約30分で新宿駅に行くことが出来ます。浦和のと聞いてサッカーチームの浦和レッズを思い浮かべる人が多いと思いますが、私はサッカーにあまり興味がありません。私はサッカーじゃなくて野球が好きです。見た目もサッカー顔とよく言わるので、個人的に浦和を野球で有名にできたらな考えています。

Other Post
​日本語
English

ABOUT

 Overview

 History

 Past ISC

 I.S.A

ISC66

 Program

 Conference

 Study Tour

 Topics

​ Committee

NEWS

    Covid-19

    isc67 president

   

SUPPORT

 企業の方へ

 Crowdfunding

Contact

 INQUIRiES

 FAQ

APPLY

 table chiefs

  JAPAN ResiDENTS

 international residents

 FINAL FORUM

​Other SNS

​E-mail

​International Student Conference

All Rights Reserved