自己紹介 No.32: Quoc Tuong Dong

では、自己紹介をお願いします!


 私の名前はトゥーンです。でも、みんなは私のことをルーカスと呼んでいます(親友からはルッキーって呼ばれています)。ベトナム人として生まれ、私はスイスの大学で不動産と財政管理の学士において、BBA(経営学士)として学位を取得しました。他の人の文化を学び、本を読み漁り、youtubeの過剰視聴は私の密かな楽しみです。チョコレートにも目がありません。

 ISCは日本やアメリカのだけではなく、世界中の国にの学生を受け入れており、コミュニティの中での意見交換が絶え間なく提供され続けている点で、他の会議とは一線を画す環境である。異なる考えをもつメンバー、やる気に満ちた若者たちは全ての人たちに、数えきれない多くの貴重な物の見方を提供してくれます。加えて、ホームステイでは、日本にすむ人々が関わり、親切なホストファミリーが全てのメンバーを温かく受け入れてくれるます。同様に、日本の美術に関するパフォーマンスと展覧会はそれぞれが個性豊かな魅力をもつことで、高く評価され、率直な文化的対話を作り出す。だから、私はこの素晴らしい会議に参加できることを光栄に思います。



テーブルトピックについてあなたの考えをお願いします!

 世界のほとんどの地域を西側諸国が支配することは圧力だけでなく、世界市場も支配された。スコットランドの歴史学者、ニール・ファーガソン氏の著書、“Civilization: The West and the Rest with Niall”によると、ファーガソン氏は18世紀と19世紀のイギリスの産業革命は魅力的でない消費社会のモデルを作り上げたと述べた。ところで、例えば、西洋風の服装や音楽(ロックンロール)など世界中に文化的な潮流が広がりました。ファーガソン氏は彼が消費社会は共産主義は解体する産業組織の歯車の一つだと主張するときに、手放しで褒められ過ぎています。彼が描いた”資本主義者”たちは、”マルクス主義は労働者たちも消費者の一人であるという点で的を外れていることは理解されている。それゆえ、それを労働者の賃金が生活に必要な最低水準まで下がることを解釈するのは意味をなさない”。彼はその後、ソ連を、ジェット戦闘機と水素爆弾を生み出すことができたとしても、駄作であると批判し続けた。さらに、 the property-owning democracyという本には、科学が西洋支配を構成するときにファーガソン氏のシリーズは正当化される。それでもなお、一人一人の見方が異なることで、境遇が異なることは、民主主義ついて最終的な結論に達し、私たちがそれについて語るときと議論の過程に労力を費やすことに結ぶつくときに特に21世紀の現在に置いては留意しなければならない)




Other Post
​日本語
English

ABOUT

 Overview

 History

 Past ISC

 I.S.A

ISC66

 Program

 Conference

 Study Tour

 Topics

​ Committee

NEWS

    Covid-19

    isc67 president

   

SUPPORT

 企業の方へ

 Crowdfunding

Contact

 INQUIRiES

 FAQ

APPLY

 table chiefs

  JAPAN ResiDENTS

 international residents

 FINAL FORUM

​Other SNS

​E-mail

​International Student Conference

All Rights Reserved