Introduction of the Committee vol.2 ​: 『Ken Furusawa』

連載企画vol.2は私たち実行委員を影から支え、励ましを送ってくれる副実行委員長、『古澤謙』さんです!

Who will be featured on vol.2? It's the person who's always supporting us from behind: Vice President- Ken Furusawa English follows!



Q1.大学ではどのような勉強をしていますか?

国際社会学部という学部に所属し、国際法を中心に国際関係論や国際政治を含めた国際系の授業を受けています。大学が言語教育に力を入れているため、英語の授業も比較的多いと思います。


Q2.将来の夢は何ですか?

外務省の職員になって働くことが絶対に叶えたい夢です。世界中の様々な人々と関わり、日々新しいことを学んだり考えたりしながら日本と国際社会のために働くことができるとても魅力的な職業だと思います。それ以外では、お金を貯めて中学生の頃からの夢である世界遺産を巡る旅行ができればいいなと思います。




Q3.好きなこと、趣味は何ですか?

趣味と言えるような趣味はないですが、人と話をしている時間が生活の中で一番楽しくて幸せな時間だと思います。特に育ちや経験、人生観、将来の目標など、話し手本人の現在を形作るストーリーを聞くことがとても好きです。景色や街並を眺めながらゆっくりしたり、のんびりと散歩したりすることもとても好きです。




Q4.ISC64の参加動機を教えてください。(What had led you to participate in ISC64?)

多種多様なバックグラウンドを持った世界中の学生と交流したいと思ったことです。以前から2国間交流や留学の経験はありましたが、20カ国以上から集まった学生と一度に議論や交流をする機会はとても魅力的でした。


The reason why I participated in ISC64 was because I wanted to have discussions and other different exchanges with youths who came from around the world with diverse backgrounds and experiences. I had opportunities to be involved in an exchange program between two countries and to study abroad for one year before participating in ISC64, but I thought it would be a very interesting and valuable experience to participate in ISC where students from more than 20 countries get together.

Q5. ISC64を終えての感想を教えてください。(Can you share your feeling after ISC64's over?)

議論の場面で自分の力不足を実感し、悔しい思いをすることが多々ありました。しかし、東京観光や文化交流体験企画等の様々な楽しい交流の機会があり、密度が濃く思い出に残る9日間でした。


I experienced difficulties in academic discussion because I was not able to contribute to it as much as I had expected beforehand. However, it was a very intense and unforgettable 9-day program with various enjoyable activities such as sightseeing in Tokyo and Japanese cultural exchange.

Q6. ISC64を終えて、今年は運営委員になりました。その理由を教えてください。(Can you share with us the reason you decided to become a committee members of ISC65?)

国際学生会議という団体の伝統、会議プログラムの規模と多様性と充実度、社会との繋がりや社会に与えうる影響力の大きさに素晴らしさを感じたためです。ISC64が終わった時に、残り長くない学生生活の中で絶対に関わりたい活動の一つであると思いました。


I decided to become a committee member of ISC65 because I was impressed by the history of ISC and diverse, intense and large-scaled programs as well as influences ISC can bring to the society. After ISC64, I realized I would like to be involved in ISC for one more year before I graduate university.

Other Post
​日本語
English

ABOUT

 Overview

 History

 Past ISC

 I.S.A

ISC66

 Program

 Conference

 Study Tour

 Topics

​ Committee

NEWS

    Covid-19

    isc67 president

   

SUPPORT

 企業の方へ

 Crowdfunding

Contact

 INQUIRiES

 FAQ

APPLY

 table chiefs

  JAPAN ResiDENTS

 international residents

 FINAL FORUM

​Other SNS

​E-mail

​International Student Conference

All Rights Reserved