Humans of ISC65- 河畑波恵

次の素晴らしいアドボケートは河畑波恵さんです。河畑さんは今大阪大学・人間科学部に属しています。今テーブルのメンバーと一緒に「表現の自由とその制約」というテーマについて研究を行なっています。


「民主主義が増える中、言論統制も増えています。ジャーナリストが殺害される事件が相次いでいたり、スパイ法などあらゆる手を使って政府は国の秘密を守ろうとします。」


Q1. 自己紹介とISCに参加しようと思った理由・意気込みを教えてください。

こんにちは!大阪大学2回生の河畑波恵です。ISC65に参加しようと思った理由は様々な文化や背景を持つ人と交流をし、意見を交換したいと思ったからです。国籍関係なく、参加者のみなさまは私と異なる経験を持っています。みなさまの経験や意見を聞き、自分の視野を広げたいです。これからのディスカッションなどを楽しみにしています!

Q2. あなたのテーブルトピックについてどのような意見を持っていますか?

今の時代にとても適切なトピックだと思います。民主主義が増える中、言論統制も増えています。ジャーナリストが殺害される事件が相次いでいたり、スパイ法などあらゆる手を使って政府は国の秘密を守ろうとします。現在の状態だからこそ、言論の自由について話し合い、何が適切かを議論する必要があると思います。、日本と難民問題をどのように考えているのか、意見を交換することが楽しみです。


Q3. 直近のテーブルの活動はどうだったんですか?

Disclaimer:記事が届いた後で、河畑さんのテーブルが1回目のテーブルミーティングを行いました。


全体ではまだ一回しか会議をしていませんが、みんな個性豊かで笑いが止まらない会議でした!実際に会うのを楽しみにしています。

Q4. 出身はどこですか?あなたの故郷の魅力を教えて下さい。

私の出身地はオレゴン州のポートランド市です。ポートランドの魅力は自然です。夏には滝が多くみれるハイキングコースや海、冬にはスキーやスノーボードが楽しめます。また、ポートランドは面白い食べ物が多く、ドーナツやアイスクリームにはユニークな味がたくさんあります。一見おかしな味のコンビネーションが多々ありますが、意外とおいしいです。他には様々な国の料理を誇る屋台があり、東南アジア、中東などの味を経験することができます。小さな街ですが、奥深い街です。