自己紹介No.12 :Kimberly Soo

 

では、自己紹介をお願いします!


 こんにちは!キンバリーです。ビクトリア大学から来ました。出身はオークランドなのですが、数年前にウェリントンに引っ越してきました。日本での素晴らしい体験と素敵な人達との繋がりに期待してISCに応募することにしました。日本には2017年に一度訪れたことがあります。ISCは、日本での体験が私の好奇心を満たしてくれると期待しています。



トピックについてあなたの意見を教えて下さい!

 私のテーブルは、「Designer Babiesの倫理的問題」について議論していきます。遺伝子工学は本当に魅力的な分野です。科学、政治、倫理、経済学など、様々な事柄を含みます。議論は広範囲に及んでいます。議論が進めば進むほど、新たな疑問が生まれてきます。これまでは人の意見を聞くことに興味がありました。しかし、この会議では様々な角度から、既存の考え方にとらわれずに、物事を考えていきたいです。これから出会う人々とディスカッションをするのはきっと楽しいし、自分の持っている価値観や考え方が、会議を通じてどう変わるのか見てみたいです。自身の信念と原理を守りながら 、社会的な規範や他者への尊重を大切にすることは難しいかもしれません。 でもきっと私達のテーブルは上手くやれるはずです! 科学の進歩はとてもエキサイティングでまだまだ話し合わなければいけないことがたくさんあります。みなさんと会い、実際に話すことができるのを楽しみにしています。