Introduction of the Committee vol.7:『Do Hoang Hiep』

Updated: May 19, 2019

連載企画vol.7はみんなを笑顔にさせる太陽のような広報担当、『ドー・ホアン・ヒエップ』さんです!😉

Vol.7 will introduce to you our sunshine-like media: Do Hoang Hiep!


English follows



Q1.大学ではどのような勉強をしていますか?

今大学で情報社会学を専攻しています。情報社会学を聞くと一体どのような勉強をするか疑問を持っている人も少なくないと思います。簡単にいうと現代の情報化している社会では情報がどのように人間の生活を変化させているか中心に学んでいます。情報というとIT系と思い浮かぶ人がいると思いますが、情報社会学には文化・コミュニケーション・マスメディアなど幅広い分野があります。


Q2.将来の夢は何ですか?

将来は国際的なNPOやNGOなどの利益を追求しないところで働きたいと思います。正直にいうと、自分の性格は規則に縛れたくなく、自分の創造力を活用したいタイプなので企業の環境ではないところが良いかと思っています。また、ただ稼ぐために働くだけではなく、自分の小さな力でも社会に貢献したいと考えているのでNGOやNPOが適切なのではと思います。

Q3.好きなこと、趣味は何ですか?

趣味は最近変動していますが、基本的に料理と写真が好きです。休みの日に友達と集まって料理を一緒にやったり話をするのは僕にとって幸せなことだと思います。最近、インテリアにもハマるようになりました。休みの日になると、思いついたかのように家を見渡してここを変えたいなと感じたら、すぐに百均にダッシュして買い物をします。DIYをした後の達成感はすごいです。まだ学生ですが、将来の家のインテリアをすでに考え始めています。



Q4.ISC64の参加動機を教えてください。(What had led you to participate in ISC64?)

ISCに申し込んだきっかけは、一つ目に英語で現在の世界を乱している課題を沢山の人と話したいと思ったからです。日本に来てから国際的な環境の中で勉強することができるようになり、海外からの学生や教授と関わる機会が増えました。ただ、日常的な会話にとどまっていたためもっと深い議論をしたいとずっと思っていました。そして2つ目に、学生会議という新たな体験をしてみたいと感じたからです。そのため、ISCの募集を見たときこれが自分のチャンスだなと思って応募しました。

The reason I chose to apply for ISC64 was first because I wanted to talk to a lot of people  in English about issues that are putting our world into disorder. After coming to Japan, I have received a lot of opportunities to interact with international students, as well as professors from a lot of countries. However, all the conversations just revolved around daily matters and gradually I develop the desire to discuss with them more, not just only “How are you doing?” That is the first reason why I applied for ISC64. Another reason is that, I had never participated in a “student conference”. The term is pretty new to me. Therefore, I thought ISC64 would be the perfect opportunity to challenge myself with something new and applied for it. It turned out to be true haha.

ヒエップさんとISC64のテーブルのメンバー

Q5. ISC64を終えての感想を教えてください。(Can you share your feeling after ISC64's over?)

ISC64が終わってから将来の進路を明確にできました。ISCに参加する前は、ただ卒業してどこかの企業で広報の仕事をするつもりでした。しかし、ISCに参加して様々なバックグラウンドを持つ人と話したり、実際に自分たちで政策提言を社会にだしたりと貴重な体験を通したことで、自分自身も社会を動かす原動力になりたいと考え直すことができました。そして、多様性の受け入れることにもさらに意識することができました。皆それぞれ生まれた瞬間から違い、それが人の「美」だと思います。逆に誰も同じだったらつまらなくありませんか?それが僕の得た学びです。


ISC64 has truly been a life-changing experience for me. First, after the end of ISC64, I was able to see my future more clearly. Before that, all I think about my future was how I will do something related to Media, PR at a company in Japan and have enough income to support my life. But, ISC has given me and the other participants the opportunity to interact with a lot of people from different backgrounds, and present a policy proposal to the government that can help make a better society. This experience got me to reconsider about my future, and about how I can make contributions to the society and became the “driving forces” for me to pursuit my above desire.

Also, after participating ISC, I am more aware of taking in diversity. Everyone was different from the day they were brought to this world. But that difference is actually the beauty of each individual. So, why do we have to bother shaping everyone into an utopian one? Imagine a world where everyone behaves the same. Not really appealing huh!

Q6. ISC64を終えて、今年は運営委員になりました。その理由を教えてください。(Can you share with us the reason you decided to become a committee members of ISC65?)

ISCに対するLOVEがすごく強いことです。前述したようにISC 64が自分の将来を見直す機会になっていたので本当に感謝していました。そのため、自分も何かISCに貢献したいと思い、実行委員になることを決心しました。もう一つの理由は他の人にも自分が経験したような素晴らしい体験を与えたいと思ったことです。何度も言いますが、ISCに参加したのは自分にとって人生が変わるほどの大きな経験だったんです。他の人にも自分が一体何をしたいということを見つけてもらったら嬉しいです!


After experiencing ISC64, I decided to be a part of ISC65. The reason was actually very simple: MY BIG LOVE FOR ISC! I think I owed a lot to ISC for giving me an amazing experience last summer, so I wanted to give back something. And then I thought “Why don’t I join ISC this year as a committee member and contribute my abilities to ISC?” That’s how I made up my mind and decided to become a committee member this year.

Also, as I had a life-changing experience last summer, I want everyone could also receive this kind of opportunity. I would love if this year participants could find themselves if they are still at loss or maybe simply have a really great time and create long-lasting friendship.