​国際学生会議(ISC)とは

​国際学生会議は、国際交流とディスカッションを行う団体で、1954年に設立されました。世界各地の学生を日本に招待し、毎年夏約2週間の期間中、様々な交流活動や世界が直面している課題についての議論を行います。最終日には、ファイナルフォーラムなどの形で成果を発表します。

1. 学生が行う国際会議

国際学生会議の参加条件は、「学生又は、ユースを対象にした団体に所属していること」となっています。大学生は、マルチナショナルな観点から国益を超えて議論できる唯一のアクターだと考えます。また、未来を担う世代としての責任を果たすため、現在世界が抱えている問題について見識を深め、議論をし、社会に対して提言をしていきます。

2. 参加者は世界中から

国際学生会議の特徴は「多様性」です。毎年世界各地から国を限らず応募を募っており、2017年度は50カ国程度からの応募がありました。世界中の優秀な若者に日本を発信すると同時に、日本ではなかなか触れることのできない「問題の当事者と直接対話ができる」ことで、実のある議論を行うことができます。

3. 1週間の共同生活

​東京で行われる本会議では、参加者と同じ場所に泊まり共同生活を行います。寝食だけではなく、観光や文化体験など、様々なアクティビティーをとうして海外参加者との濃密な交流を行うことができます。会議が終わるころには、参加者同士深い絆が生まれ、将来への大きな財産となります。

​今年度の活動については、以下のページをご覧ください。