​1分でわかる ISC63

Q.どんな団体なの?

A. 多国籍の国際会議を開催する団体です。

満州事変以来の「世界平和達成への貢献」の伝統と理念の下、毎年世界約20カ国程度から志高い学生が集まり、世界がまさに直面している問題について2週間の会期の間に泊まり込みの議論を行います。

​また、ディスカッションのみならず、本会議前のスタディーツアー文化交流などのアクティビティーを通して、真の国際理解の促進を図る活動を行っています。

ISCの沿革はこちら

​プログラムの内容についてはこちら

Q. 何のために?

A.「 世界平和達成への貢献」をかかげます。

満州事変以来の「世界平和達成への貢献」の伝統と理念の下、毎年世界約20カ国程度から志高い学生が集まり、世界がまさに直面している問題について2週間の会期の間に泊まり込みの議論を行います。

​また、ディスカッションのみならず、本会議前のスタディーツアーや文化交流などのアクティビティーを通して、真の国際理解の促進を図る活動を行っています。

ISCの理念はこちら

Q.いつどこで開催するの?

A. 。

満州事変以来の「世界平和達成への貢献」の伝統と理念の下、毎年世界約20カ国程度から志高い学生が集まり、世界がまさに直面している問題について2週間の会期の間に泊まり込みの議論を行います。

​また、ディスカッションのみならず、本会議前のスタディーツアーや文化交流などのアクティビティーを通して、真の国際理解の促進を図る活動を行っています。

Q.何を話し合うの?

A. 喫緊の国際問題を5つ取り上げます。

「トランプ時代の国際関係」「機械と人間のあり方」「多様性社会のジェンダー」「気候変動」「貧困と開発、資本主義の限界」の5つです。どの分野も、法制度や社会状況、教育、テクノロジーなど様々な領域を含んでいます。

​詳しいトピックの説明はこちら

ISCは事前研究の機会が充実しておりまして、興味はあるが余り知識がないというかたでも、最終的にそれぞれのテーマでセミプロフェッショナルになっていただくプログラムとなっています。

Q.他に何ができるの?

A. 説明会を開催しています。

満州事変以来の「世界平和達成への貢献」の伝統と理念の下、毎年世界約20カ国程度から志高い学生が集まり、世界がまさに直面している問題について2週間の会期の間に泊まり込みの議論を行います。

​また、ディスカッションのみならず、本会議前のスタディーツアーや文化交流などのアクティビティーを通して、真の国際理解の促進を図る活動を行っています。

Q.もっと詳しく知りたい!

A. 説明会を開催しています。

満州事変以来の「世界平和達成への貢献」の伝統と理念の下、毎年世界約20カ国程度から志高い学生が集まり、世界がまさに直面している問題について2週間の会期の間に泊まり込みの議論を行います。

​また、ディスカッションのみならず、本会議前のスタディーツアーや文化交流などのアクティビティーを通して、真の国際理解の促進を図る活動を行っています。

​説明会の日程はこちら

Q.参加したい!

A. お待ちしております!

満州事変以来の「世界平和達成への貢献」の伝統と理念の下、毎年世界約20カ国程度から志高い学生が集まり、世界がまさに直面している問題について2週間の会期の間に泊まり込みの議論を行います。

​また、ディスカッションのみならず、本会議前のスタディーツアーや文化交流などのアクティビティーを通して、真の国際理解の促進を図る活動を行っています。

​応募要項はこちら